財産に関して

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

財産に関して

自分の財産である権利や義務を、死亡した後に受け継がせることを相続といいます。

相続は基本的には、民法に定めれた形式で行われますが、遺言を個人が残しておく事で、遺産分割に対して、死亡したあとも自身の意向を最優先で反映させることができ、相続権のないものに対しても、財産を遺贈することが可能になります。

また、遺言によって、遺言執行者を選んでおくことができ、亡くなった自身に代わって、遺言内容を実現させてくれる人を指名する事も出来ます。遺言は故人の最後の意志表示になるだけでなく、残った相続人の利益や、無駄な親族間の争い防止のためにもなります。

また、遺産を相続する場合は相続税が発生しますが、生前に対策を行っておく事で、相続される人の負担を減らすことも可能です。ただし、これらの絶対的な効力のある遺言は、法律行為であるために、正しく法律で定められた形式に乗っ取って作成する必要があります。

遺言を上手に利用して、故人の希望を実現したり、円満に相続を行う事ができます。この為、遺言の形式は費用をかけても、確実な公正証書遺言を作成する必要があり、司法書士の指導のもと作成する事が出来ます。

財産に関して、司法書士者は遺産相続の時外にも、利用する事が出来ます。財産保護とは、増加する悪徳商法やサギ行為などから、クーリングオフなどの救済手段といった、事後対応ではなく、財産管理の体制を整えて、司法書士に依頼する事で、財産を保護することが出来ます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved