後見人に関して

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

後見人に関して

認知症や高齢によって判断能力が著しく低下してしまうと、本人だけでは売買などの法律行為が行えなくなります。

この為、財産の売却や高額商品の購入の際には、本人の代理として後見人を選任する必要があります。後見人は、売買の時だけでなく、年金やアパートの管理といった財産の管理についても、援助しサポートする事が求められます。

後見人は、後見人を必要としている被後見人の4親等内の親族が、家庭裁判所へ申立を行い、選任されることになります。後見人に就くには、とくに資格は必要無く、親族であったり司法書士などの法律の専門家が選任されるのが一般的です。

後見人は家庭裁判所によって選任されますが、基本的に、非後見人には後見人の選択できる余地はありません。しかし、自分の財産などの重要なことを任せるにあたり、後見人を自分で選択したい場合は、任意後見制度を利用します。

任意後見人制度とは、判断能力がしっかりしているうちに、自分の後見人にとして相応しい人に対して、将来自分で判断できなくなった場合に後見人にとしてサポートして欲しいと依頼できる制度です。

この後見人制度は、詳しく契約内容を絞ることができるので、葬式の形式から、日常生活における要件などの要望も伝えることができます。任意後見契約を行うことで、将来の判断能力の低下に備え、安心して年をとることが出来ます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved