商業登記の流れ

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

商業登記の流れ

準備段階の作業が終わったら、いよいよ登記申請を行います。この申請を行った日は、会社設立日となり、会社の誕生日という事になります。

数字の語呂がよい日や、大安吉日など、また、何か思い入れがある日に、ちなんで設立日を選ぶ会社もあります。設立の申請と一緒に、会社代表印の登録と、印鑑カードの交付申請も同時に行います。

登記申請は各地の法務局で行う事ができ、司法書士が登記を代理して行う場合は、申請と出来上がり書類の回収も、司法書士が代わって行ってくれます。登記申請の窓口で、補正日を確認しておき、問題無く登記が行われた場合の完了予定日を確認しておきます。

もしも登記に不備等がある場合は、法務局から連絡がきますが、司法書士が代理で申請を行っている場合には、司法書士に連絡がきます。

連絡があった場合には、申請書の補正か取下げをする必要があります。補正ならば、付け加えや修正を行って、法務局が登記申請を進めてくれますが、補正をしない場合や、補正では挽回がする事ができない場合には、取下げを行う必要があります。

登記が完了すると、申請した内容が登記簿に反映されることになります。出来上がりを確認するためには登記簿謄本と、会社代表印の印鑑証明書を法務局に請求することで、確認することができます。

同時に、会社代表印の印鑑カードを交付して貰い、会社が設立される事になります。以上が、会社設立までの商業登録の流れで、手間や今後の事も考えると、司法書士に代理をして貰い、将来にわたり会社のアドバイザーとなって貰うのがいいでしょう。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved