商業登記の必要書類

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

商業登記の必要書類

商業登記に必要になる主な書類は、登記申請書が必要で、申請する会社の商号や、本店所在地、また登記する内容等について記載を行います。

登記申請を行う上での、もっとも基本的な書類です。定?は、会社の根本となる規定を記載している書類で、会社設立の登記を申請に必要となります。

定款は、簡単に言えば会社の決まりごとの事で、公証人に認証してもらう必要があります。議事録は、株主総会や取締役会の際に、決議内容を証する書面の事で、決議を行う事によって効力が発生する事になる内容を、登記を行う場合に必要となる書類です。

就任などを証する書面は、 取締役、また代表取締役、監査役などの役員として選出された者が、就任された事を承諾したことを証明する会社設立や、役員変更の登記を申請する際に必要となる、書面です。

払い込みがあった事を証する書面では、設立時の資本金や株式の発行の際に、金銭の払込があったことを証明する為の書類です。払い込みがあった事を証する書面は、今までは金融機関発行の保管証明書でのみ証明する事が出来ましたが、新会社法が制定されたことで、代表者が作成を行った払込みした事を事実とし証明する書面に、払込みされた預金通帳の写し等を合わせ利用する事ができるようになりました。

印鑑証明所は各書類に押印されている印鑑に対して、本人や会社のものであることを証明するために必要です。 そして、会社分割や減資を行う際には、債権者保護のために、その内容と一定期間内に異議を述べる旨を、債権者に個別に通知する必要があります。以上の書類は、商業登録を行う上で、必要となってくる書類なので、事前に用意しておきましょう。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved