商業登記の準備

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

商業登記の準備

商業登記とは、申請を行う会社の商号や本店所在地などについて記載し、登記申請をするための基本的な書類です。不動産と同じく、必要事項の書かれた申請書を法務局に提出することで、商業登記を行うことができます。

司法書士は、商業登録に関して、会社の一生の付き合いになります。登記申請を行う前提の法律に関するアドバイスから、実際の登記申請の代理業務を行い、必要書類の収集や作成を行って、企業活動にかかわってきます。

商業登記の一般的な流れは、事前準備として会社設立の基礎を決定しますが、専門家として代理人を務めることが出来るのは、司法書士か弁護士だけです。司法書士に依頼する場合は、この時点で会社の将来も見越して相談できる人に依頼する必要があります。

まず、会社名を決定しますが、類似商号により登記ができない事はほとんどありませんが、ある程度商号の調査をしておきましょう。商号が決定したら、会社の印鑑を作成します。

会社が、どのような事業を行うかを決め、今すぐ行えるものから将来的に行う予定のある事業も考えます。これは、設立後に加える場合は、変更登記申請が必要となり別途コストがかかって面倒だからです。取締役や監査役、取締役会などの機関を決定し、機関設計にしたがって、取締役や監査役といった役員を決めます。

そして、会社を立ち上げるには、お金が必要になりますが、詩本金の額を決めます。 会社の決まりごとである定款を決め、銀行、信用金庫などに、資本金を払い込みますが、この仕事は出資者が行い、司法書士が代理を務める事は出来ません。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved