不動産登記で司法書士を利用するメリット

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

不動産登記で司法書士を利用するメリット

登記申請業務を行えるのは、司法書士か弁護士だけです。しかし、必ず司法書士に依頼する必要があるわけではなく、一般人であっても自分で登記申請をすることはできます。

もしも、相続登記を行う場合、相続登記にはとくに期限は特にないので、自身で登記を行うのに適しています。

通常、司法書士が相続登記事件を扱う際は、状況把握による法的判断を行い、登記に必要な書類を作成して法務局への申請を行い、権利書等の回収をして、出来上がった書類の確認を行うという流れで処理されます。

逆に、自分で登記をする場合は、以上の過程を自力でやる必要があり、申請書に誤りやミスなどがあると、窓口まで補正に行く必要が出てきます。法務局に行く回数だけでかなりの数になります。

司法書士を利用するか悩む場合は、費用がかかることも重要ですが、最初から最後まで自力で行う必要があることを忘れないようにしましょう。

司法書士に依頼すると、遠方の戸籍や住民票でも司法書士の職務権限で取ってもらえ、ほとんど全て任せておいて大丈夫です。また、自分の時間を大幅に節約でき、相続手続の指導やアドバイスをしてもらえます。

これを自分で行うと、まず専門知識がないので、書籍を買って理解する必要があり、めんどくさい必要書類に漏れがあって、何度も法務局に行かなくてはならなかったり、他の相続人にも何度も書類の取得をして貰わなくてはならなかったりと、かなりの時間と労力を消費することになります。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved