不動産登記の必要書類

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

不動産登記の必要書類

不動産登記を申請する際には、必要となる書類がいくつかあり、事前に用意しておくと手続がスムーズに行えます。また、必要書類は、不動産登記の何の登記申請をするかによって異なります。

登記原因証明情報は、売買の契約書や遺産分割協議書に、登記申請を行う法的な理由等が記載された書面です。また、不動産権利書は、不動産の所有権を得たときに作成される書面です。

不動産の権利を得たら、売買で権利を失うなどで所有者にとって不利益となる登記申請をする場合に、所有者の意思確認を行うのに必要です。当然、本人確認証明書上も必要です。

もしも、不動産権利書が紛失などによって提出できないときに、司法書士が本人と登記申請の意思を確認して法務局に提出す売る時に必要です。

印鑑証明や住民票、また戸籍も必要になります。これらは、主に相続登記の際に、法務局に伝えるために提出が必要になります。

固定資産評価証明書とは、固定資産税上の不動産価値を表す書面で、この金額は登記申請時の印紙代が決定される事がよくあります。住宅用家屋証明書とは、不動産を住居として利用することを証明するものです。

どのような不動産でも取得できる訳ではありませんが、取得できる場合は印紙代を節約することに繋がります。以上の書類は、多くの場合で一般的に必要となる書類なので、用意しておいて損はないでしょう。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved