債務整理の目的

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

債務整理の目的

債務整理を行う目的は、利息制限法の引きなおし計算等を行い、借金を減額したり無くしたりする事ではなく、過去の自分を反省し、人生を再出発する事です。

債務整理行う事自体が目的ではなく、誰でも手軽に多額の借金が出来る社会にも問題があります。また、借金返済の為に、他からお金を借りて借金を返済しなくてはならないような、厳しい取立てにも問題があるとされます。

高すぎる違法ギリギリの利息や、連帯保証人の制度も問題があると言われ、多額の借金を作った本人の責任は当然ありますが、その他にも改善点が在るように思われます。

債務整理を行う真の目的は、再出発なので、債務整理によって一度借金が無くなっても、本人の意識が変化しなと、また同じことの繰り返しになります。

債務整理を行った後に、どのような意識を持つべきか、を考えて行う必要があります。 債務整理を行う場合は、司法書士にアドバイスを貰い、このような事態に二度とならないようにしましょう。

司法書士に依頼して債務整理を行うと、利息制限法に基づく計算を行ってくれて、債務の減額だけでなく、払いすぎていた過払い金の返還を要求を出来るようになります。

過払い金の返還で、司法書士の依頼金はしはらえることになったりします。司法書士に債務整理をして貰う事で、不当利得返還だけでなく、過払い金額で、債務整理手続きの内容が変わることもあるため、直ちに回収することが望まれます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved