特定調停

司法書士事務所

司法書士事務所に依頼する

特定調停

特定調停とは、裁判所においてお金を貸してくれた、金融機関と和解をするようなものです。調停委員や裁判官が、仲介者となることで円滑に話し合いを行うことが出来ます。

特定調停では、借金の総額や今後の返済方法について交渉を行い、最終的に実現可能な調停内容に基づいて返済を行っていく方法です。

特定調停は、あくまでも債務者に有利で私的な手続きなので、金融機関などの債権者は必ず特定調停の内要に合意する必要はなく、債権者が納得しない場合は、和解が成立せず特定調停が行えない場合もあります。

金融機関などの債権者にとっては、手続きが簡単で、自分たちも交渉ができる任意整理のほうが受け入れられやすいです。 しかし、特定調停がされず、自己破産しかないとなると、債権者は一銭も入らないより、マシであるとして条件を受け入れてやすくなります。

特定調停の効果は、債務額の大幅な減額です。元金については、利息制限法でひき直し計算を行う事で、減額することができます。減額だけでなく、過払い金が返還されることもあります。

ただ、制度の違いから過払い金の返還は、特定調停ではできないとされています。特定調停によって、減額された残高を3~4年のうちに、分割で払うことになるのが一般的です。また、個人民事再生と同様に、基本的に支払いを滞納しない限りは、利息が発生する事はありません。

利息が無くなることで、利息しか返金できず元金の減らなかった借金が目に見えて減っていく事を実感できます。の関係でなかなか減らなかった債務がかなり楽に返せるようになります。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved