弁護士とは

司法書士事務所

司法書士事務所の基礎知識

弁護士とは

弁護士は、法的手続において代理人として法廷で主張や、弁護等を行い、あらゆる法律に関する事務を行う、法律の専門家です。

弁護士は、日本においては、その業務や資格に関しては弁護士法で規定されています。弁護士のシンボルは、中央に天秤がある向日葵がデザインされています。

弁護士法により、弁護士は、基本的人権の擁護を行い、社会正義を実現することが使命として定められており、弁護士の仕事の全てはこれに基づいて行われます。弁護士の仕事として、主な業務は法廷活動で、民事事件では依頼人の代理人として、刑事事件では弁護人として依頼者の正当な利益や権利を主張します。

法廷活動の一環として、依頼者との打ち合わせや、被告人との接見も行います。また、弁護士の仕事は法廷活動以外にもあり、訴訟にならない民事調停や、離婚問題や遺産相続などのトラブルにたいしての代理、また、刑事事件においては逮捕から起訴までの被疑者の弁護などを行います。

弁護士は、事件があってから活動する以外に、契約書の作成や法律相談等も行います。それが法廷業務にならなくても、大事な弁護士業務のひとつです。

法律相談では、有料で行う場合や、無料で行う場合もあります。法的な問題か判断できない場合も、相談に乗って貰う事が出来ます。

弁護士には個人で活動している場合と、弁護士会といい組織で活動している場合があります。弁護士の魅力は、法律に関する様々な業務に当たることができることで、自身の知識や経験を活かし、多くの人を救う事ができます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved