社労士とは

司法書士事務所

司法書士事務所の基礎知識

社労士とは

社会保険労務士とは、人事労務と社会保険の専門家です。労務管理や年金の管理、また就業規則の作成などが主な業務です。を行います。

他にも身近な仕事として、企業内の労働保険や社会保険についての手続きや、書類の作成を行い、作成した書類の提出代行などの業務も行います。 一般的に、企業での総務が行っている仕事は、社労士業務とほぼ同じです。社会保険や労働などについての法律や手続きは、非常に複雑なので社労士の知識を持っていると、企業で評価してもらえます。

社労士になる為には、資格を取る必要があり、資格を持っていると就職に有利だったり、資格手当てを貰える場合もあります。

国民には、健康で経済的に安定した最低限の生活を送る権利があります。しかし、日常生活には、失業や労働災害、また出産による休職、老後の生活といった、最低限の生活を送るに対しての障害が数多くあります。

このような不足の自体に対いて、国が法律を使って国民を守る法律が、働く労働者を保護する労働基準法、職を失った失業者を救う為の雇用保険法、病気や怪我で健康を害した人の生活を守る健康保険、そして高齢者の将来の生活を保障する国民年金法や厚生年金法などがあります。

国民はこれらの法律に基づいて国へ請求を行い、国から生活保障を受けることが出来ます。ここで、社会保険労務士という社会保障制度に関する法律専門家が、国と生活保障を求める国民の媒体になって、国に対しての手続きや書類作成を行ってくれます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved