行政書士とは

司法書士事務所

司法書士事務所の基礎知識

行政書士とは

行政書士は、許可申請書類の作成を行う事が主な業務です。行政書士が作成する事のできる書類は約1万種類といわれ、 会社設立や許可申請の場面においては専門家であると言えます。

書類作成の主な内容は、農地法関係や会社設立、相続と遺言、また内容証明や産業廃棄物許可関係など、これらは1万種類の書類のごく一部ですが行政書士はこの書類作成の代理にする事が出来ます。

行政書士は行政手続を効率よく行う専門家で、行政手続とは主に書類を作成することなので、行政書士に依頼すれば行政手続きはほとんど行えると言えます。

行政においては、近年、福祉行政が重視されており、国民生活と行政は多く接触することとなり、結果として、国民が官公署に書類を提出しなくてはならない機会が多くなっています。社会生活が複雑で高度になるにつれて、書類作成に関する高度な知識を要する行政書士が必要になります。

行政書士が国に提出する書類を正確で迅速に作成する事で、国民の生活上の権利や利益を守ることができ、行も書類が正確で明瞭であれば、効率的な処理作業を行う事が出来ます。行政書士は、依頼された通りの書類作成を行う代行業務を始め、複雑で多様な許認可手続きの業務もこなすようになってきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として、国民から大きく支持されています。

行政書士は、国民と行政との中間として、書類作成を行う事で、国民の生活向上や社会の発展に貢献します。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved