顧問契約のメリット

司法書士事務所

司法書士事務所の基礎知識

顧問契約のメリット

司法書士の顧問契約は、個人で依頼するときよりも、法人で依頼する場合に優位なサービスです。

法人向けの顧問契約を行う事で、早く気軽に司法書士に相談する事が出来ます。通常、司法書士と相談するためには、いくつか手続きを行う必要があり、顧問契約していないと、まず相談内容を伝えて、相談の可否の回答をもらい、その後相談の予約を入れて、実際に会えるようになります。

もちろん、司法書士の都合によってはすぐに予約が取れず、相談できないかもしれません。

しかし、顧問契約を行っていると、司法書士に直接電話やメールができ、気軽に相談に乗って貰う事が出来ます。顧問先であれば、どんな相談でも気兼ねなく相談することができ、本来は相談すること自体を悩むような内容でも、法的にアドバイスして貰える場合があります。

また、顧問契約をしておくと、相手にいちいち全部を説明する必要がなく、時間の短縮や意志が通じないといったわずらわしい思いを感じる必要がありません。顧問契約を結んでいる司法書士であれば、相手の会社内情も理解しているので、スムーズにアドバイスをしてもらえます。

また、多少の無理な依頼にも、出来る限り実現しようと応えてくれます。 気軽で頻繁に、法律の専門家に相談できると、契約や交渉に法的な知識を活かし、業務における、契約上の問題やトラブルを事前に指摘してもらえ、問題が発生した場合は、円滑に事態をまとめるアドバイスを司法書士にして貰う事ができます。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved