不動産登記

司法書士事務所

司法書士事務所の仕事

不動産登記

不動産登記とは、大切な財産の一部である土地や建物の、所在、面積といった物理的な状況や所有者の住所や氏名、また担保権の有無などの権利関係が変化した場合に、変化の内容を登記簿に記載し社会に対して公示することで、財産を守り取引の安全を行う事を言います。

司法書士は、この権利に関する登記について、書類の作成や申請の代理業務を行います。登記には様々な種類があり、不動産の変化の原因に対して、申請する登記の種類は決まっています。

不動産は、不動産登記において所在、地番、地目、地積などの土地と、所在、地番、家屋番号、種類、構造、床面積などの建物の事をいいます。

登記簿は、表題部と甲区、乙区で構成されています。売買や、相続などによって所有権が移転する場合は甲区き記載し、抵当権や地上権の設定といった所有権以外の権利に関する事項は乙区に登記します。

この、甲区と乙区に登記する事を、権利に関する登記といいます。権利に関する登記は、司法書士の業務範囲となりますが、登記するかどうかは所有者の自由で特に登記をする必要はありません。

しかし、登記の手続きをきちんと行っていないと、建物を購入した後に、新たな所有者が出できて購入していても自分のものにならない可能性もあります。そのような事のないように、取引が終わったら司法書士に依頼して、登記手続きを行いましょう。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved