商業登記

司法書士事務所

司法書士事務所の仕事

商業登記

商業登記とは、株式会社といった法人に対して、設立期から清算される時にいたるまで、一定の事項を法務局で登記することで、法人の内容を社会の一般の人に公示して、法人を巡る取引の安全を実現する制度です。

商業登記とは、簡単にいうと会社の戸籍のようなものです。司法書士は、これら商業登記の手続きに対して、書類の作成や申請の代理業務を行います。役所に行くと、人は自分の戸籍の謄本を取って、自分がいつ、どこで生まれたのかということや、本籍地の場所、また父親や母親が誰であるかといった情報を確認んする事が出来ます。

商業登記は、会社の戸籍なので、同様に商業登記簿を見る事で会社の名称や、本店所在地、また設立の年月日、そして取締役や社長は誰かといった情報が載っています。人が生まれると出生届を市役所に提出し、会社を設立すると法務局に届け出る必要があります。

このような登記がなぜ必要かというと、人が銀行で口座を作るには、身分の証明できる物の提示をする必要があります。人の場合は、免許証や保険証に、生年月日、本籍、住所が書かれているので、本人確認を行うことができます。

会社を設立し会社の口座を作る場合には、本人確認の為の免許所や保険所を持っていないので、商業登記が必要になるのです。商業登記を行う事で、会社の情報を管理して、必要な場合は証明書を交付出来るようになっています。

スポンサードリンク

司法書士事務所の基礎知識
司法書士事務所の仕事
司法書士事務所に依頼する
Copyright (C) 司法書士事務所を徹底調査! All Rights Reserved